アクセス解析
 スポンサーサイト  -  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 / コメント(-)/ トラックバック(-) / PAGE TOP△
 不可解  -  2005.12.28.Wed / 22:55 
必要なら復帰させればいい。
必要ないなら売ればいい。

貴重な戦力を敵に貸したままなんて余裕だね。アビスパ。

あ、ヒサ以上の人材を獲得する目処が立ったのか!(んなわけないよな・・・)
スポンサーサイト
No.104 / Avispa / COM(1) / TB(0) / PAGE TOP△
 「2005年アビスパ福岡流行語大賞!!」に投票  -  2005.12.25.Sun / 22:18 
hamashoくんのブログ「EL GRAZO」の企画に一枚噛んで見る。

1エントリにつき3つまで投票OKってことなんで、お言葉に甘えて3ついかせていただきます。

まず1つめ。
「優勝して昇格」
その可能性がゼロになるまで信じてサポートしてきた身としては挙げとかなきゃいけない言葉。
今となっては優勝でも入替え戦でもなく地味に2位で昇格したとこにアビスパらしさを感じずにはいられない。

んで2つめ。
「田舎フォー!!」
手の込んだバカな事ほど無駄なものは無く、面白いものはない。
実はダンマクネタはアウェイ山形戦での「福岡です。また来たとです・・・」とどっちにするか迷ったけど、鳥栖に敬意を表して(?)こっちを挙げる。

最後、3つめ。
「バスツアー出んの?」
スタジアムで、よく言ってた言葉。「あと何名で催行決定です」とかホームページに載せればいいのにね。
今年は2回参戦。来年は何試合行けるんだろ?
No.103 / Avispa / COM(0) / TB(0) / PAGE TOP△
 ナビスコカップって何ですか?  -  2005.12.21.Wed / 00:59 
というくらいひさびさ。超ごぶさた。

ナビスコカップの予選グループの組み分けが発表されたね。
アビスパ福岡はAグループに入り、同じ組には浦和、FC東京、横浜FMの3チーム。

相手にとって不足無しじゃん。
平日開催が多いけど、人気チームとの対戦で多少なりとも観客動員期待できるんじゃなかろうか。

しかしこうやって日程が発表されるとさ、「あー、J1なんだなー」って実感が沸いてくるよ。
No.102 / Avispa / COM(0) / TB(0) / PAGE TOP△
 トライアウト  -  2005.12.14.Wed / 01:15 
今シーズン第一回目のJリーグ合同トライアウトが行われた。
今年アビスパを去った選手では
沖本尚之、喜名哲裕、木藤健太、河野直人、太田恵介の5名が参加。

限られた時間の中で、自分の良さをアピールしなければならないトライアウト。
確か前回参加した宮原は希望したポジションでのプレーができなかったと言っていた。

できるだけ多くの選手がJでの新天地を見つけられればと思う。
そしてわがままを言えば、その選手の中に元アビスパの選手が多くいて欲しい。
No.101 / Avispa / COM(0) / TB(0) / PAGE TOP△
 あれから一年  -  2005.12.12.Mon / 22:38 
2004年12月12日。
オレは日立柏サッカー場にいた。

初めてバスツアーに参加し、初めて声を出し、初めて跳んだ日。
土曜日はテレビを見ながらそんな一年前を思い出してた。

キックオフ前に笑顔の柏サポーターを見て違和感を覚えた。
「J1を懸けた試合」ではなく、「J1とJ2が戦う試合」。
まだそんな気持ちでいるような気がした。

そして散々たる結果で柏レイソルはJ2に落ち、堂々たる結果で甲府はJ1に上がって今年のJリーグは幕を閉じた。

柏へのリベンジは再来年以降に持ち越しになったけど、J1で待っていよう。
厳しい一年になるのは分かってるけど、J1の舞台で柏を倒さなければ意味がないからね。
No.100 / Avispa / COM(0) / TB(0) / PAGE TOP△
 ワールドカップ組合せをシミュレートしてみた  -  2005.12.10.Sat / 00:13 
UGさんとこで紹介されてた組分け抽選シミュレータをやってみたよ。


結果は下の画像をクリック。

wcup.jpg


まあ、あれだ。ジーコ頑張れ。超頑張れ。
No.99 / Avispa / COM(0) / TB(0) / PAGE TOP△
 第三者の視点  -  2005.12.09.Fri / 01:23 
ども。甲府より順位が上のチームのサポーターです(笑

いや~、入替え戦って本当に楽しいですね。部外者だと。

主審辺見、雨、停電と見所満載だった入替え戦1stレグだったけど、終わってみれば自分達のサッカーをやり遂げた甲府と受けに回ってしまった柏の差がでた試合だったのかな。

来シーズン柏に借りを返したい気持ちもあったけど、やっぱり甲府を応援してたよ。
J2で負け越したまま対戦できなくなるのは嫌だからね。

だから土曜日もきっちりと甲府のサッカーをやって欲しい。
柏が前がかりになってくるだろうから、勝機はかなりあると思う。

頑張れ甲府!
一緒にJ1行こうぜ!!
そして来シーズン、また5点獲って勝つぜ!!!
今度は博多の森でね。
No.98 / Avispa / COM(2) / TB(0) / PAGE TOP△
 感謝の集いあれこれ(その2)  -  2005.12.06.Tue / 22:55 
8番テーブルの斜め前のテーブルには沖本がいた。
残念ながら博多の森で沖本コールはできなかったけれど、3年間の感謝の気持ちとこれからの活躍を祈り、握手をした。

そのあと、アビーニョ君が沖本から貰ったサインを見せてもらった。
そこにかいてあった言葉は

「不死鳥」

決して下を向かない彼の気持ちが表されたこの二文字を見て泣きそうになった。
沖本尚之の努力がきっと実を結ぶことを信じ、これからも応援していこうと思う。
(本日行われたサガン鳥栖のセクションに沖本と木藤の姿があったそうです。彼らアビスパから旅立った選手の幸運を祈ります。)


ステージでは選手のインタビューが行われていた。
そこに呼ばれたのは恭平。
兄恭平が呼ばれたからには弟辰徳もステージへ。
ホベのソシオ賞授与のあとに、MIP賞受賞者としてチヨがステージに上がっており、恭平、辰徳と東福岡出身者が続けば・・・

ということで(ある意味)今回のハイライト、古賀誠史が(いやいやながら)ステージへ!!

ノブリュウからインタビュアーに指名された恭平が「あとが怖い」と怖じ気づき、結局ノブリュウが誠史にインタビューすることに。

一言答えるごとに湧き上がる会場(笑
結局「いい成績が残せるように頑張ります」(だったかな?)と予想以上に長い言葉で誠史のインタビューはおしまい。

最後に太田にサインを貰った。
試合の時に見せる気迫溢れる表情とは正反対の人なつっこい笑顔で握手してくれた。
「いつか博多の森でゴール決めて、俺達サポーターを黙らせてよ」って声を掛けたら、笑いながら「それもいいっすねー」と言ってくれた太田。

アビスパ福岡を愛し、ともに戦ってくれた24番太田恵介。
別のチームに行ってもアビスパのことを好きでいて欲しい。
そして恩返しのゴールを決めてくれよ。
そのときは思いっきりブーイングしてやるからな!

約1時間半の楽しい時間も終わり、最後は選手のお見送りで会場を後にした。
選手がお見送りのため会場入り口に向かう時、アビスパを去る選手を自然と目で追っていた。

岡山、村主、沖本、木藤、喜名・・・もうこんなに間近で見ることはないだろうと思うと、胸が熱くなった。

そして最後に太田がオレの目の前を通り過ぎたとき、

「太田!頑張れよ!」

と思わず叫んでしまった。
それに気づいた太田はこっちのほうを見て笑ってくれた。
この日始めから笑顔だった太田は最後まで笑顔だった。
ちょっと悔しい気もするけど、別のチームに移っても絶対サポーターから愛される存在になるんだろうな。




今回一番感謝の気持ちを伝えたかった塚本選手は残念ながら欠席だった。

仙台戦の後、花束を抱えてサポーターと握手を交わしていたもっしゃん。
塚本コールを聞きながら「まるで引退セレモニーみたいだな」と思っていた。
来シーズン再び彼がJ1のピッチに立ったときまでとっておこうと思い、オレはコールしなかった。

そして翌朝の新聞で知った彼の引退。
J1参入決定戦、J2降格、そして今シーズン、そこにはもっしゃんがいた。
試合に出れなくなっても、オレの中でアビスパのGKといえば塚本秀樹だったよ。


今までこのブログではあえて使わなかった言葉がある。
それは過去の行き当たりばったりな運営を止め、新生アビスパとして走り出したチームに対して使うのは不適切かなと思っていた言葉。

その言葉こそもっしゃんに一番伝えたかった言葉。
昨日言えなかったんで、ここに書きます。

もっしゃん、J1「復帰」おめでとう。
No.97 / Avispa / COM(0) / TB(0) / PAGE TOP△
 感謝の集いあれこれ  -  2005.12.06.Tue / 22:32 
さて、昨日の感謝の集いについて。

会場外でアビーニョ君を発見し、一緒に会場入り。もちろんテーブルは「8」番。

司会はノブリュウとレポーターM嬢こと森田みきさん。

社長の挨拶で始まった集いは、監督はじめ選手、スタッフのみなさんが拍手に迎えられ入場したところで乾杯!

その後そこかしこで選手との撮影会&サイン会がはじまり、まずはアビーニョ専属カメラマンとしてホベルトのもとへ。
アビーニョ君の熱い思いを通訳してくれたエジソンさんの話に耳を傾けつつも、アビーニョ君をずっと見つづけるホベルトの眼差しに惚れそうになる。

アビーニョ&ホベルトのツーショット写真を撮った後、ナギのところへ行きナギTにサインを貰った。

オレ「このTシャツ着て、北京も応援に行くから!」

ナギ「マジっすか?!(笑」

ナギ、ビッグになってもその気さくな性格はそのままでいてくれよ。

大塚くんはこの前写真撮ってもらったし、いっぱいご飯食べて大きくなって欲しいんで、今回は遠くから見守るだけにしといた。

川島はいつ見ても笑顔。笑ってないのかもしれないけれど、笑顔。
来年J1のピッチで幻惑ドリブルが見れることを願ってるよ。

一旦テーブルに戻り、飲んだり食べたりしていると岡山が近くに来た。
熱い気持ちを持つ選手とサポーターがボタンの掛け違えみたいになってしまい、決していい思い出だけではないだろう福岡での生活を終える岡山は、今回声を掛けたかった一人。

何て声を掛けたのかは覚えてないけれど、オレは感謝と謝罪の気持ちを伝えた。
オカは「ホント福岡に来て良かったと思ってます」と答えてくれた。
「ありがとう」でも「すみません」でもなく、そう答えてくれた岡山。
その言葉はまっすぐで純粋でオレの心に突き刺さった。
オカ、ありがとう。

途中、ソシオ会員が選んだ「ソシオ賞」の発表があった。
受賞者はホベルト!
ここでオレとアビーニョ君と「35歳会(勝手に命名)」のエスコのメンバー君の3人はあるミッションを実行するため会場最前列に移動。
授賞式のあとホベルトの挨拶が終わったところで、ミッション実行。

ホーベールト!

ホーベールト!

ホーベールトーーー!

会場に響くたった3人のホベルトコール。でもそんな俺達にサムアップで応えてくれたホベルトを見て、恥ずかしさなんて吹き飛んだよ。


まだまだ続く感謝の集い。
長くなったんで続きは別エントリで。
No.96 / Avispa / COM(0) / TB(0) / PAGE TOP△
 2005感謝の集い(速報版)  -  2005.12.05.Mon / 22:51 
ソシオ会員の端くれとして、感謝の集いに行ってきたよ。

会場の名前は「飛翔」
飛翔


会場はこんな感じ
会場


で、帰りにもらったお土産
お土産


強烈に眠いんで詳細は明日。
主な内容は
・あいたいときにあなたはいない
・たった3人のホベルトコール
・ステージでしゃべった
・不死鳥
・最後の笑顔、最後まで笑顔
となります。

あ、アビーニョ君のブログでアップされてるかもよ。
No.95 / Avispa / COM(3) / TB(0) / PAGE TOP△
 いよいよJ2ラストゲーム  -  2005.12.03.Sat / 01:20 
ホーム最終戦というだけでなく、来年J1で戦うだけの力を見せつける意味でも、(甲府に恨まれないためにも)勝たなきゃいけない試合。

仙台サポーターもかなりの人数が博多の森に来るみたいだけど、一昨年の新潟戦みたく沈黙させてやりましょうぜ。

今までで最高のプレーが見たいから、最高のサポートをしたい。
試合終了のホイッスルが鳴ったとき、博多の森が今までで最高の雰囲気になるように、戦おう。歌おう。跳ぼう。




そしてその後は楽しい楽しい飲み会!

・・・ってすみません、欠席です。
いつものメンツでの飲み会、アビスパ福岡ぴーぷるオフ会とも行けませぬ。

また機会作ってください。飲む気、つぶれる気マンマンでお待ちしております。

「何で来んかったと?すっげー楽しかったよ!!!」ってコメントもお待ちしています。
No.94 / Avispa / COM(0) / TB(0) / PAGE TOP△
| BLOG TOP |
 アビスパ福岡ぴーぷる 

 プロフィール 
 ブロとも申請フォーム 

CopyRight 2006 ハレトケ All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。