アクセス解析
 スポンサーサイト  -  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 / コメント(-)/ トラックバック(-) / PAGE TOP△
 覚醒間近  -  2006.03.14.Tue / 01:02 
待ちに待ったホーム開幕戦。

電光掲示板に表示される「DIVISION1」の文字だったり、見慣れないフィールド上の看板だったり、何か目新しいものを見るたびに「ああ、J1に戻って来れたんだな」と感じた土曜日。
いつもの友達と挨拶を交わしいつもの席へ。
レプリカを着てマフラーを巻いて今シーズンの戦闘準備を整えてから、なまった身体と喉のウォーミングアップをするべくULTRAの集いに参加するが、5分で喉をやられてしまう(笑

ULTRAの集い終了後はもっしゃんの引退セレモニー。
最後に塚本コールができて本当によかった。もっしゃんお疲れ様でした。

さあ、いよいよキックオフ。
バックスタンド最前列からはゲーム全体を見ることができないが、福岡の選手の動きがいいことはよくわかる。

前節磐田戦でJ1で戦える自信を得た選手達にとって、重要なのは相手がどこだということではなく、いかに自分達のサッカーが実践できるかということなのかもしれない。

そして前半9分に歓喜の瞬間が訪れる。
怪我で欠場のグラウシオに替わりスタメンに入った薮田からのパスを受けたアレックスがドリブルでペナルティエリアに進入し左足を振りぬきゴール!

その後佑昌が負傷し急遽川島が投入されるが試合は福岡ペース。
大宮はほぼノーチャンスのまま前半終了。

後半に入っても運動量が落ちない福岡だったが、サッカーにはこれまでの流れに無関係な、しかもこれからの流れを変えることができるセットプレーがある。

そのセットプレーから大宮が同点に追いつくと、ペースは大宮へ。
途中、川島のすばらしいシュートが大宮ゴールの枠を捉えるが、これは大宮GKのファインセーブによりゴールからはじき出されてしまう。

反対に試合終了間際大宮にビッグチャンスが訪れたが、今度は福岡GK水谷のファインセーブで事なきを得た。

結局1-1のままタイムアップのホイッスルを迎えたが、サポーターに挨拶に来た選手達の表情は「守りきった」引き分けに安堵したものではなく「勝ちきれなかった」引き分けを悔やむそれだった。
去年まではこのような試合でも笑顔の選手がいたことがあったが今年は違う。一回り逞しくなった選手達にバックスタンドからも拍手が送られた。


グラウシオと佑昌の怪我の具合が気になるが、シーズン中に必ず訪れる事態がこのタイミングで起こったと考えれば、悲観するよりも前を向くべきだろう。
そういった意味では薮田と川島でもある程度フィニッシュまでの形が作れたことは収穫だったのではないだろうか。

あとは長年の課題である決定力だが、これは時間を追うごとにFWらしさが出てきた川島が解決してくれそうな気がする。

ひとつゴールが決まれば覚醒するのでは?
冗談ではなく、真剣にそう思う。

川島のブログだけでなく、プレーからも目が離せなくなった。
スポンサーサイト
No.112 / Avispa / COM(0) / TB(0) / PAGE TOP△
 Restart  -  2006.03.06.Mon / 23:39 
はじめに
長らくブログを放置していました。
訪問いただいた方々、そしてコメントくださった方々、大変申し訳ございませんでした。

新シーズンが始まり今週末はいよいよホーム開幕戦です。
このブログも仕切り直して再始動したいと思います。

たいした記事は書けませんが、アビスパ福岡の魅力を少しでも伝えることができるよう頑張りますのでこれからもよろしくお願いします。



ジュビロ戦については、勝てた試合だったとか、引分けでよかったとかの感想はありません。
とにかくJ1の舞台に戻って来れたこと、そして「戦えた」ことが嬉しかった90分でした。

でも次節のホーム開幕戦は「福岡にアビスパあり」を示すためにも勝ち点3が必要です。
それぞれのスタイルで構わないと思います。精一杯アビスパ福岡をサポートし、博多の森で5年ぶりのJ1勝利を味わいましょう。
No.111 / Avispa / COM(0) / TB(0) / PAGE TOP△
| BLOG TOP |
 アビスパ福岡ぴーぷる 

 プロフィール 
 ブロとも申請フォーム 

CopyRight 2006 ハレトケ All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。